オナ禁.com~オナ禁を成功させる方法

オナ禁で人生を変えよう!!正しいオナ禁の継続で健康的な体と、強靭な精神を作り上げ、人生を成功に導く!!!

引き寄せの法則

 

女優のサリー・フィールドは、映画『プレイス・イン・ザ・ハート』でアカデミー主演女優賞を受賞したとき、受賞のスピーチで「本当に私のことが好きだったのね」と言った。この実験では、みなさんにもサリー・フィールドと同じ発見をしてもらう。世界が本当にすばらしい場所であることを証明するのだ。

 

今から48時間、身の回りの善と美をすべて記録する。

もちろん、人間の歴史は血で書かれている----戦争、裏切り、争い。でも、古生物学者のスティーヴン・ジェイ・グールドも言っているように、「化石を見れば、生物的に安定した時代がかなり長くつづいたことがわかる」という事実もある。

 

そもそも、一つの暴力行為があったからといって、それで一万の親切や善意を帳消しにするのはおかしな話だ。思いやり、優しさ、美こそが、人間にとって普通の状態だ。そうグールドは言う。

 

グールドはさらに言う----無数に存在する小さな親切は、たいてい見過ごされ、記録に残らない。だからそれらをきちんと記録することが、私たちの義務であり、神聖な責任だ。

 

今から二日間、つねに手帳を持ち歩き、目撃した親切をすべて記録する。親切の例をいくつかあげよう。

 

・「病院に出かける前に妻がキスをしてくれた」

・「受付の人が生まれたばかりの子供の写真を見せてくれたので、私も生まれたばかりの孫の写真を見せた」

・「両手に本を抱えてオフィスに入ろうとしていると、知らない人がドアを押さえていてくれた」

・「昼食で食堂のカウンター席に座ると、店員が笑顔で『調子はどう?』と声をかけてくれた。

・「混雑した学生食堂で、学生たちがテーブルに相席させてくれた」

・「メールソフトの調子が悪くなったが、同僚に手伝ってもらって直すことができた」

・「違う州の同僚に怒ったような内容のメールを送ってしまったが、穏やかで優しい返事を送ってもらえた」

 

 

 

 

何事も、最初の一歩がいちばん難しい。つまりいちばん難しいところはもう終わったということだ。でも、今やめてしまっては、冒険のいちばん楽しいところをみすみす逃すことになってしまう。挑戦のごほうびはこれからやってくるのだから。

 

ここで私は、次のような提案をしたい。地元のコミュニティや教会、または行きつけのお店でも何でもいいので、この本を読んだ人で集まってグループを作るのだ。

 

FPはいつでも私たちのそばにいて、いつでも私たちを導いてくれるけど、それをお互いに確認できる生身の人間が身近にいるのはありがたいことだ。それに、仲間の存在はいつでも助けになる。

 

犯罪には共犯者が必要だ。そして、同じように、スピリチュアルの冒険に出るのなら、自分の話を聞いてくれる人、自分を励ましてくれる人、この冒険を始めた理由を思い出させてくれる人が必要だ。エイブラハム=ヒックスの教えがよく言っているように、「世界を創造したエネルギーと一体になると、宇宙があなたと同じ波長で振動している人をあなたのもとに届けてくれる」のだから。

 

これは例えて言うなら、宇宙のお見合いサービスのようなものだ。「チームメイト」たちが、あなたの振動が伝わる空間に入ってくる。引き寄せの法則だ。そしてあなたは、彼らと一緒にエネルギーを二乗していく。どんどん大きくなったエネルギは、やがて大爆発を起こし、その後にはすばらしい新世界が出現する。あなたと仲間たちもまったく新しい存在になる。

 

でも、それにはどうすればいいのかって?ここでいちばんのアドバイスは、とにかく実践して楽しむことだ。実践して楽しむことが、いつでも究極のエネルギー発生装置だ。

 

仲間を集めてグループを作ろう。そこにいれば、いつでも守られている、大切にされていると安心できるグループだ。決まった会合は開かなくてもかまわない。電話で話すだけでも十分だ。

 

でも、メンバーはきちんと選ばなければならない。実験の結果を語り合える人たちを集めよう----つまり、自分でも実験を行っている人だ。

 

体験を語り合おう。お互いに刺激を与えよう。自分たちで新しい実験を考えてもいい。私のグループは、毎週違う実験を行うことを目標にしている。

 

実験は何でもかまわない。心を落ち着かせるエネルギーを呼び込んで、緊迫した部屋の空気を和らげるという実験でもいいだろう(これはまるで魔法のような効き目がある。ただ静かで穏やかな気持ちを送りだすだけで、騒々しいレストランが静かになり、険悪なミーティングの空気がなごむ)。または、相手に対する思い込みや偏見を捨てて、人間関係の性質を変えるという実験でもいい。

 

実験の報告会はいつもとても盛り上がる。成功体験を話したり、昔の思考パターンにとらわれて失敗してしまったことを話したり-----成功も失敗も、貴重な学びの機会だ。

 

実験グループの中では、現在の人生に対する愚痴ではなく、いつでも理想の人生について語らなければならない。「何がいけないのか」ではなく、「何が正しいのか」と考える。

 

本当に意味のある質問はこれだけだ。

そして、「何が正しいのか」という問いに対する答えは、まったく新しいあなたの世界だ。あなたがこれから創造していく、喜びに満ち溢れた人生だ。グループで集まるたびに、人生が向上した体験をお互いに報告しよう。

そしていつでも、感謝の気持ちを忘れずに、理想の人生を大胆に夢見て、必ず実現すると宣言する。そのときに、次の三つの事柄を心にとどめておいてほしい。

 

 

1・あなたはすばらしい。自分では気づいていないかもしれないが、それでもあなたは、強大な力を持つエネルギーそのものだ。あなたという存在の核には、いつでも可能性の豊かな流れがある。

 

2・偉大な可能性のフィールドに限界はない。文字通りすべてのことが可能だ。必要なのは、ただ心を開き、古い思考パターンを捨て、もっと楽しく、自由で、大きな思考をつねに目指そうという意志だけだ。

 

3・私たちは運命共同体だ。お互いをいたわり、今よりも相手の存在に感謝して協力するようになれば、すべての人の利益になる---私たちの誰もが持ち上げられる。

もちろん、ゴールラインまで一人で歩いていくこともできる。でも、旅の本当の楽しみは、同行者がいることだ。誰かと一緒に挑戦し、声をそろえて勝利の雄たけびをあげることだ。