オナ禁.com~オナ禁を成功させる方法

オナ禁で人生を変えよう!!正しいオナ禁の継続で健康的な体と、強靭な精神を作り上げ、人生を成功に導く!!!

7時間睡眠という常識

 人間にとっての適度な睡眠時間は?経験上、多くの方が7時間こそベストだと考えます。

f:id:perasans:20110407111923j:plain

この「7時間」の基となった研究は、1982年から6年間、カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究グループと米国ガン協会が、30歳から102歳の110万人の入院患者を対象に、睡眠時間と寿命の関係を共同で研究したものです。その結果、1日7時間睡眠の人が最も長生きしたというのです。

 

権威ある機関が時間とお金をかけて出した結論なのだから、信じてしまうのは仕方がありません。しかしこの研究、根本的なところに欠陥があります。そもそも、調査対象は入院患者。その結果を一般化できるわけがありません。

 

激痛に苦しむ患者の睡眠時間は水各なりますし、ベッドから動けない状態の患者は非常に長くなるというのは、一般的な感覚からして納得できるはずです。ところが、この研究結果は骨折などの軽微な症状から難病の方まで、すべて一緒にして出した統計なのです。

 

そのうえ、そもそも病院という空間自体が特殊です。その結果を日常の生活者に当てはめて考えることはできないはずです。

 

「7時間睡眠長寿説」のホントとウソ

ちなみに日本でも同様の調査が行われています。名古屋大学大学院の玉腰暁子教授が北海道から九州まで全国45地区で1988年から1999年までの約11万人のデータから睡眠時間と死亡リスクを分析しました。その結果、なんとこの調査でも「7時間睡眠の人が最も長生きした」という結果が出たのでです。

 

しかし、玉腰教授はより精度の高いデータを導き出すためにウツ症状、自覚的ストレス、喫煙や飲酒などを計算に入れ、さらに調査したときから2年以内に死亡した人を除いて計算をしました。すると、男性については4時間以下睡眠の場合が、最も死亡リスクが低くなるという結果が出たのです(だからと言って、このデータを基に短眠だと長寿になれると主張したいわけではありませんが)。

 

しかし、報道では、「睡眠時間は7時間がベスト」というキャッチーさ、記事の書きやすさが優先され、最初のデータが使われました。

 

しかしながら、いずれにおいても、さまざまなバイアスや外し切れない不安定な要素があります。そもそも何らかのケガや疾患で苦しむ人というのは、睡眠時間が極端に短くなったり、長くなってしまうというのは先に述べた通りです。ですので、2年以内に死亡した人を統計から外しても、結果としてグラフの両端の死亡リスクが高くなるのは当然とも言えます。4時間以下睡眠において男女で倍以上の死亡リスクの差が出ているというのも異常です。

 

もちろん、そこは玉腰教授も了解しているようで、レポートには次のように誠実に記されています。

「睡眠時間が短い人や長い人が睡眠時間を7時間にすれば死亡しにくくなるのかどうかはわかりません。7時間寝ることが本当に死亡の危険船を減らすのかどうかを調べようと思ったら、いろいろな睡眠時間の人を集めてきて、半分のグループの人はそのまま、半分のグループでは睡眠時間を7時間にしてもらい、長い間観察して死亡状況を調べることになります。しかし、現時点ではそこまでするほど確実に誰にとっても7時間の睡眠がよいのだと考える根拠はありません」

 

つまり、この統計結果を「7時間睡眠長寿説」の根拠として語るのは無理があるうえ、死亡リスクが低い睡眠時間を調べようとすること自体、ほとんど非現実的だということです。

 

厚生労働省がすすめている睡眠時間とは?

 

厚生労働省もその点は心得ているのか、「健康づくりのための睡眠指針2014」でも「○時間睡眠をとりましょう」と明記せず、「日中の眠気で困らない程度の自然な睡眠が一番」というあいまいな記述をしています。

 

また、年を重ねるごとに睡眠時間が短くなっていくことが自然であると公表されていますが、この告知はほとんど浸透しておらず、いたずらに7時間睡眠が健康的な睡眠という通説が広がっています。結果として、高齢の方がご自身の睡眠時間が短すぎることに不安を抱くことにつながっています。

 

大本営発表の調査報告に騙されるな

 

ほかにも、睡眠と健康を結びつけた調査として、「睡眠時間が5時間以下の人は8時間前後の人たちに比べて1.39倍肺炎になるリスクが高いという5万6953人の女性を対象にした調査」「睡眠時間が6時間以下の人は7、8時間の人に比べて死亡率が2.4倍高くなるという4419人の日本人男性を調査した自治医科大学の研究報告」なる調査結果があります。

 

動揺に、これらについても脊髄反射的に真に受けてはなりません。

 

母数が、千、万の時点でアンケートによる調査だと推察されますが、多くの人が自分の睡眠の満足度と健康面の自覚が直結しているものと考えているので、自分の睡眠に対してネガティブな印象を持っている人ほど実際の睡眠時間よりも短く記入し、ポジティブな印象を持っている人は長く書くものです。仮に、アンケートをとったグループに「睡眠は身体にいいものと思いますか?」と尋ねたとしたら、99%以上の人がYESと返事をするでしょう。

 

そうしたバイアスのかかった結果を客観的な数値に落とし込めるはずがありません。

 

ローレンス・モンローという学者が大学生を相手に不眠症で悩んでいるグループと、健全な睡眠をとっているとするグループを集めて研究したところ、両方のグループの睡眠時間は一緒だったという研究もあります。

 

もちろん、ブラック企業に勤めているなど、環境要因から短眠を強いられている人は多くのストレスを抱えているのは確かであり、それが何かしらの疾患に結び付いていることは否定できません。

 

しかし、私が教えているネイチャースリープは能動的に短眠生活をしていただくので、そうしたストレスとは無縁であり、睡眠の質そのものが根本的に違うということを、念のため記しておきます。

 

7時間睡眠の人は現代社会に置き去りにされる

 

多忙な現代人の睡眠不足の程度を語る際に、「昔の人は10時間寝ていた」などと比較されることがありますが、今と昔の環境は大きく違います。

 

蛍光灯や電球はなく、夜の灯りといえば、月明かりか消耗品であるロウソク程度。これでは、一般人は眠ることしかできません。そうした環境と現代の日本を比べるのはナンセンスです。

 

自然界を見てみると、食事に長時間かける草食動物ほど睡眠時間は短くなり、余暇の多いナマケモノやコアラなどは、非常に長い睡眠時間を確保しています。人間も一緒で、まわりを見渡せば暇な人ほど睡眠時間が長くなっているはずです。

 

この動物の事例で注目すべきことは、疲労や運動量などが睡眠時間と因果関係があるわけではないということです。

 

また、野生の馬は1時間ほどの睡眠時間ですが、厩舎にいる馬は4時間以上寝ることもあります。すなわち、各動物の種類によって本能的に適切な睡眠時間があると考えることも不自然です。

 

結局、自然界では覚醒時の行動時間で睡眠時間が増減しているというわけです。睡眠時間ありきで行動時間が左右されているわけではないのです。

 

そう考えると、多忙な現代社会において7時間睡眠は眠りすぎであり、長く眠る人ほど周囲の速度について追いつけず、置き去りにされるのです。