オナ禁.com~オナ禁を成功させる方法

オナ禁で人生を変えよう!!正しいオナ禁の継続で健康的な体と、強靭な精神を作り上げ、人生を成功に導く!!!

柔構造の身体は、優れた能力を発揮できる

柔構造の身体の人は、誰よりも優れた能力を発揮できる!

 

イチローはマイケルジョーダンに見られる、すーっと天地に伸びた感じはなんなのでしょう。

五重の塔の場合は一本柱が垂直に通っているから、すーっとした感じがあるのでしょう。この柱は地球の中心方向に、五重の塔の重さの中心が引っ張られているライン、つまり重心線に沿っています。分銅をひもでぶら下げると、ひんもがぴーんと張って一定の方向を指します。このひもにあたる線を重心線といいますが、これに重なり合うように柱が立っているのです。

 

人間の場合はどうでしょうか。人間の身体の中心には、五重の塔のような一本柱は存在しません。背骨が一本柱と同様の働きをしているのではと考える人も多いと思いますが、その働きをしているのは背骨だけではありません。人間の身体は建物よりもっと複雑で、帰納的な構造をしているのです。

 

背骨は身体の中心にありません。触ればわかるように身体の後ろにあります。ということは、背骨は身体の重心線上にあるわけではありません。ここが大事なところです。重心線は身体の中をとおっているけれど、決して背骨そのものではないのです。

 

では、五重の塔の柱の代わりをしているのは何なのかというと、実は全身の骨格筋肉がすべて関わってその働きをしているのです。

先ほど説明したように、柔構造の人は、身体の各パーツが前後左右あらゆる方向にちょっとずつずれ合いながら、常時微妙な修正をして立っていますが、その修正の基準となるラインが重心線なのです。私たちが柔構造の人を見たときに受けるすーっとした感じは、実はこの重心線から生まれるものなのです。

 

つまり、人間の場合、五重塔のように、一本柱という実体が在るためにスーッと感じるのではありません。各パーツがずれ合いながら、その平均値が重心線になっているから、なんとなく直線的にすーっとしたものを感じるのです。

 

柔構造の人の立ち方から受ける、ゆらーっしながらすーっとしている印象の秘密はここにあるのです。そして、これは、柔構造の人がすぐれた能力を発揮できる秘密でもあります。