読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オナ禁.com~オナ禁を成功させる方法

オナ禁で人生を変えよう!!正しいオナ禁の継続で健康的な体と、強靭な精神を作り上げ、人生を成功に導く!!!

ハチマキで脳を引き締め、四つん這いで脳の疲れを癒す

ハチマキを締めた受験生 一昔前には良く見られた光景だ。

 

それをアナログだと感じる人も多いだろうが、実はハチマキには脳を引き締めて活性脳にする効果がある。

 

脳を格納している頭蓋骨は複数の骨が組み合わさったものであり、それらの骨の継ぎ目は縫合部と呼ばれる。その縫合部をよく観察すると、人が思考を集中させているときには強く締まっており、逆にボーッとしているときには緩んでいることがわかる。

 

集中力を高めたいときにハチマキを締めるのはそのため、緩んだ縫合部を締めることで、精神集中力が増し、動さは機敏かつ行動的になるのだ。

 

活性脳になるためのハチマキの締め方はこうなる。

後頭部の、目の真裏のポイントと、うなじのすぐ上のポイントとのちょうど中間にハチマキを通し、前頭部のやや上のあたりできつく結ぶ。つまり、後頭部のへこんだ部分を上に押し上げるように締めるわけだ。

 

ハチマキにするのは日本てぬぐいが最適。これを目がつりあがるくらいに締めることで記憶中枢のある側頭部が刺激されることになる。

 

ただし、このように脳を緊張させてばかりいると、それはそれで疲れてしまう。そこで、脳を休ませるため、たまに四つん這いで歩くことを薦めたい。

これは「サル型歩行」どころではなく獣の歩き方そのもの。ヨガでは昔から脳の休息のために「動物歩行のポーズ」が重要視されてきた。このポーズを毎日続けていると、ひどい腰痛なども治ってしまう。

 

ときには思いきり先祖返りしてみることで、脳の疲れを取り去り、その本来の柔軟性を取り戻すことができるので、ぜひ、やってみてほしい。

 

<h3>脳の緊張をとる「四つん這い歩行」のやりかた</h3>

1・手のひらは床にしっかりとつけ、両足をピンと伸ばす。腰と臀部(お尻)を上げ、両手両足で身体を支える

 

2・このポーズのまま足を曲げないで、3分間、前後左右に歩く。このとき、足の親指に力を入れる。

 

3・四つん這いの状態からゆっくり身体を起こす